2月 23

毎日寝るときに使う「寝具」

寝具なんて何を使っても同じだと思っていませんか?

実は寝具が変わると、睡眠の質まで変わると知っていますか?

要するに寝具を変えれば、睡眠の質をあげることができるということです。

では、どうすればいいのか?

誰でもできる寝具の選び方を紹介します。

ベッドはの方は、まずはマットレスの硬さを変えてみましょう。

柔らかいフワフワのものを選ぶ人が多いですが、寝るときにはある程度硬さがあった方が睡眠の質があがります。

柔らかいものだと、お尻が沈みすぎて腰痛の原因になったり寝苦しく感じてしまいます。

掛け布団や毛布は、できるだけ軽いもの・かつ暖かいものを選びましょう。

重いと圧迫感を感じて睡眠の質が下がってしまいます。

肌触りもいいものを選んだほうがいいでしょう。

しかし、布団やベッドを買い替える余裕がない人もいますよね。

そのときには、シーツやベッドカバーの色を変えるだけでもいいです。

今何色のシーツ・カバーを使っていますか?

好きな色・柄のものを使っていると思いますが、青色に変えてみましょう。

青色は眠りにつきやすい色と言われています。

気持ちを静める効果もあるので、睡眠に入りやすく寝具に適した色です。

逆に赤や黄色は興奮してしまい、睡眠の質を下げてしまいますので気をつけましょう。

このように、寝具を変えるだけで睡眠も変えることができます。

寝つきが悪いなどで悩んでいるならば、実践してみるといいでしょう。


leave a reply